インターン

【OpenPNE Office】手嶋屋ではFree Mindで議事録をつけています

こんにちは。ラッコのラッキーです。

今回は手嶋屋で活用しているマインドマップ、
Free Mindを紹介します。

手嶋屋では前回紹介したチャットだけでなく、

ミーティングによるディスカッションも盛んに行われています。

ミーティングの内容を忘れないようメモするのですが、
内容を文章でおこすのは至難の業。
タイピングの遅いラッキーには無理です。
かといって断片的に書いても、
後から見直すとよくわからないこともよくあります。

そんな時、手嶋さんから紹介されたのが、
マインドマップのFree Mind

手嶋屋では毎週月曜日に定例ミーティングを開催していますが、
その際、全員がこのマインドマップを活用し、各々の活動報告をしています。

(社員全員分集めたら、ファイルサイズはなんと1.5MBにもなりました)


(展開したらこんな感じ、これでも一人分なんですよ)

フリーソフトということで、とりあえずインストールして使ってみました。
開いてみると最初はこの画面。

あれ、どうやって使うんだ?

まずはマニュアルを見ながら使ってみます。(ネット上にありました!)
どうやらこの丸は「ノード」というらしい。
カーソルを置いてクリックしたら編集ができました。

枝をつける(新規子ノード)には、
挿入タグの新規子ノードをクリック、

または右クリックから同じように作成できました。
しかし、それよりもInsertキーで一発でできました。

枝分かれ(同列に表現)したいときは兄弟ノードを作成。
これはEnterキーでできます。

覚えることは少なくて、慣れてしまえばとても楽!

単語単語でメモすることもでき、切り貼り自在なので整理も簡単。
文書データにおこしたり、紙面におこしたりするより使い勝手が良さそうです。
メモのためにミーティング中断しなくてもいいし、
話し合いの効率も上がりそうです。

実際ミーティングで使ってみました。

おぉ便利だ!
便利さに感動しすぎて、ミーティングを軽く中断させちゃいました。

手嶋屋ではそれ以外にも、
マニュアルや企画書もマインドマップで作ったりと活躍しています。
ビジュアル的にも見やすいですからね。

現在提供されているWebサービスの中には、

個人だけで使うのにはもったいない、企業で活用できそうなものが多く存在しています。

手嶋屋では社内コミュニケーションを改善するために「OpenPNE Office」を開発しています。
このWebサービスのアイデアやノウハウを積極に取りいれるため、
自社を実験場にして研究しています。

この成果を反映し、日々進化していく OpenPNE Office をぜひお試しください。


OpenPNE�~�蓈���񋟃T�[�r�X�̂��m�点

  • ��K�̓z�X�e�B���O
  • �Z�p�T�|�[�g
  • �J�X�^�}�C�Y
  • OpenPNE Manager
  • ���q���܃T�|�[�g

ページの先頭に戻る