社長BLOG

起業序盤のしのぎ方

ここのところ立て続けに、どうやって起業したか?
起業して最初、どうやって事業を作ったり、収入を得ていたのか?
ということを聞かれました。

起業、副業ブームが来ているのでしょうか。
大きな資本を集めた事業化についてはわからないのですが、
自己資本のみの小さなゼロイチの会社づくりは経験しています。

自分は「行くぜIPO!」のようないわゆる起業家スタイルではないのですが、起業当時(大学在学中 22歳のとき)どうしのいだか?について、

僭越ながら、共有しておきます。

1.普通が160hだとすると320h働く

たくさん働くのは当然です。スキルは全然なく、若かったということで2倍の時間働きました。
これが40歳からの起業ということでしたら、スキル、人脈があるということで、すこし減らしてもいいかもしれません。
しかし起業した以上、普通の人よりたくさんの時間働くのは基本です。
普通にやってると320h/月働くのはしんどく感じますが、連休、夏休み、正月等は結構時間数が稼げます。
特にそういうときに、正規の社員に頼めないような、いい仕事?が我々に回ってきます。

2.労働時間の半分、160hを内容問わず売り渡す

自分の労働時間の内の半分は、収入を得るためと割り切って売り渡しました。
自分の事業とのシナジーは考えず、高値で買ってくれる会社に提供します。
ここは、とにかく安定収入優先です。
生活を安定させること、事業に投資できる原資を得ることを目指します。
稼いでないと、落ち込んだり、周りや家族の目が気になったりします。

割り切って仕事を取ってましたが、ほとんどの仕事は自分のコア事業とシンクロするものであり、
(シンクロするようなものでないとそもそも呼んでもらえない)
金だけで全くシナジーのない仕事、と言うのはなかったと思います。
当初は関連が薄くても、あとになって仕事の成果が役立ったということも多いです。

3.売り渡した時間だけで、自分とスタッフもう一人分の収入を稼ぐ

売り渡した160hで2倍の収入を得ることを目指しました。
自分の収入と、もう一人分の稼ぎを生み出します。
2倍稼ぐという、ここがポイントかもしれません。

4.スタッフを雇い、訓練して徐々に仕事を任せる

スタッフの採用にはお金がかかります。採用自体は人間力で何とかするにしても、
スタッフを訓練している間は売上がほとんど上がりませんので、その間も我慢して雇い続けるお金が必要です。
自分の右腕を作らないと、自分が抜け出せずずっと同じ仕事をやり続けなければなりません。
そのために、売り渡した時間で、2倍の収入を目指す必要があるのです。

5.160hで自分の事業を組立てる

普通の人の2倍働くので、まだまるまる一人分の活動時間があります。この時間を使って
自分の事業を組み立てます。自分の場合は、。テーマにしていたコミュニケーションソフトウエアを実験、開発していました。
自分の事業組み立ての時期は主に2回ありました。

しのぎかたの実際

最初は起業直後。看板が何も無いので、とにかくもらえる仕事をやる。まあ関連性も何もないえらい仕事を苦労して引き受けました。
カラオケ携帯アプリ、トヨタのキャンペーンサイト、介護施設の日報システム、協会の会員管理、本の執筆などに自分の時間を売り渡しています。
まだ学生時代だったこの頃が一番苦しく、朝起きたら吐きそうでえづく、耳が痛い、目が痙攣するなどの身体危険シグナルは、この頃に一通りわかるようになりました。

コミュニケーションソフトは、研究レベルでお金にはなっていなかったのですが、ここで3万人程度のユーザーを得ることができ、後のOpenPNEにつながる重要な母体になりました。本の執筆もいきなりで苦しかったのですが(自分は読書感想文遅延の常連でした)、出してみたらこれが見事に会社の看板になり、それから会社を信用してもらい、仕事をいただけるようになりました。

この時期は、自分と共同創業者との二人で、二倍働き、二倍稼ぐということをやっていました。それでも全然売上が足りず、初年度は給与を少なくすることで、(二倍稼ぐ)の部分の帳尻を合わせていました。初年度は、フルタイムアルバイトしてたほうが稼げたんじゃないか?と言うような年収でした。まあ、そういうもんだと思います。収入は2年目に取り返しました。

売上の中から資金を用意し、先輩の院生に手伝ってもらったりしながら業務をこなしていました。その先輩は稼いだお金でカナダに留学していきました。ちょっと羨ましかったです。

2回目の事業組み立ては、3年目OpenPNEを作ったときです。社員は3人になっていて、この時社員3人全員ほぼ会社ごと、スタートアップのベンチャーの技術部門として、労働時間の半分を売り渡しました。月の売上は安定し、自分たちの社員の収入、アルバイトの収入がまかなえました。この期間にOpenPNEを開発しました。当時のアルバイトには「お前は外の仕事しなくていいから、ソフトを作ってくれ」となるべくソフト開発に専念してもらいました。結局手伝ったスタートアップは事業がうまく行かなかったようで、これがフェードアウトするギリギリのタイミングで、OpenPNEが注目を集め、売上が伸びて会社の本当の看板となりました。

起業生活を送る中、生活は普通にできていて、休みもカレンダー通りぐらいは取れていました。
潤沢ではないですが事業立ち上げの資金も確保でき、スモールサイズの起業のモデルとしては、一理あるやり方ではないかと思います。

立派な起業家、事業家のやり方では無いと思いますが、こういうやり方もあるんだ、ぐらいに読んでいただければ嬉しいです。

コミュニティは「悔しさ」も共有する

最近、コミュニティと、そうでない集団を分けるものは何か?と考えています。

私はコミュニティを「同じ価値観を共有する人たちの集まり」と定義しています。

コミュニティかそうでないかを、この「悔しさ」を軸に判断すると、

すごくざっくり、みんなで畑を耕そうという農耕イベントで例えると、

みんなで畑を耕していたけど、今年は不作で悔しかった。悔しい思いをしたけど、みんなで工夫して来年再チャレンジしよう!

これがコミュニティ。

みんなで畑を耕していたけど、今年は不作で悔しかった。楽しくないし、コスパ悪いからやめよう。

とすぐになるのが、ただの集団です。

農耕イベントでは「自然に身を委ねて生きる」という価値観を共有するわけですから、
その価値観をつかんでいれば、たとえ不作のときがあっても、それは天候の影響か、育て方が自然の理にかなってなかったのかと、
当然あることだと受け止められます。
価値観に共感していなければ、ただのつまらない、辛い体験だった。で終わります。

コミュニティ運営において、なるべく成功させよう、メンバーみんなでハッピーになろうと努力することは大事です。
ただ、悔しさを共有するのもまた大事なコミュニティの体験で、過剰に排除しすぎないほうが良いと思いました。

マストドンのドメインはは何が良いだろうか?

自前でマストドンを立ち上げる時、どんなドメイン名でやるのがいいのか?
考えています。

ドメインの一覧から、使えそうなドメイン名を共有します。

もちろん、 xxxx.don がベストなんですけど、残念ながらドンドメインはありませんでした。
一番響きが近いのは.dm でした。ちょっとずれてますね。

.jp 無難です。国内トップクラスの mastdn.jp はjpドメインですね。
.io スッキリした感じで良さそう。

コミュニティを表すものだと
.club
.community
.social
.team
などがありますが、どれもピンと来ません。

大げさにすると
.zone
.space
.city
.country
.world

などがありますが、私は.worldが一番気に入りました。
自分たち自身の世界を作ってやる!という感じがします。

自分がマストドンでソーシャルサイトをたちあげるとしたら、 

.io か .world のどちらかを使います。

とりとめのない話でした。。。

Twitterクローンのマストドン Mastodonは流行るのか?

オープンソースのTwitterクローンサーバ、マストドン。
手嶋屋でもプライベートなコミュニティ構築ソフトウエアとしてサポートできないか?検証を進めています。
これまでにもTwitterクライアントはいくつもあったのですが、なぜマストドンだけ今、これだけ取り上げられているんでしょうか?

1.Twitterに元気がない

最近Twitterに良い話題がありません。赤字のニュースが会ったり、経営者もコロコロ代わって先行き不透明です。
それでもTwitter的なコミュニケーションは指示されているわけで、マストドンなら何か新しいことが起きるんじゃないか?
という期待感から、注目されているという背景があります。

2.マストドンという響きがいい

最近リリースされたオープンソースSNSの中でマストドンは、「西郷どん」みたいに、フレンドリーな名前です。
DiasporaやOStatusは、海外ではどうかわかりませんが、日本人にとってチャーミングではありませんでした。

マストドンの、バズっぷり、注目されるのは一ヶ月以内には収まると思います。この期間の間に色々なコミュニティが
プライベートTwitterの使い方を模索することになります。
ここで新しいパラダイムが生まれるか、それとも何も起きずにしぼんでいくか?は、新しい使い方を見つけたり、新しい機能を開発できるか?
にかかっています。(マストドンはオープンソースなので、エンジニアが自分で機能を拡張することができます。)

手嶋屋では検証を進めて、必要とされるコミュニティのために、ホスティングサービスも開始することにしました。
プライベートなTwitter、マストドンの運用に興味がありましたら、ぜひお問い合わせください。

1対1チャットのスクショを他人に共有するのは、盗聴しているのと同じ

LINEやメッセンジャー、チャットツールでの1対1の会話。このスクリーンショットを共有されたことありませんか?

個人間メッセージを他人に共有するのは、”盗聴をしているのと全く一緒”です。

自分は盗聴をしていると思って、コピーしたほうが楽な場合であっても、絶対にやらないのですが、
わりとカジュアルにやっている人がいて驚きます。

スクショして共有する際は、盗聴をしてそれを他人に聞かせているんだと、そういう自覚を持って、共有するかどうかを判断してほしいです。

芸能人カップルの個人間チャットを、週刊誌が公開してしまうのもどうかと思いますが、

個人がそれをやっては絶対にいけない。

スクリーンショットだけじゃなく、個人間チャットログのコピペもダメです。

そういう人とは、まともな会話をチャットですることができません。

なんだか、説教おじさんみたいになってきたなと思う今日このごろです。

君は「ドラクエ飲み」を知っているか?

ドラクエ飲みという言葉をご存知ですか?

、、、、、まあ知らないと思います。昨日私が命名しました。
これまでRPG飲みと言っていたんですけど、全然伝わらなくて、ドラクエ飲みに改名しました。

ドラクエ飲みを一言で説明すると

「ドラクエの主人公のように、酒場の店主からヒントをもらって、酒場・レストランを旅する」

という飲み歩き方です。
食べログや口コミサイトは、もはや信頼できません。というかはっきり言うと「つまらない」です。

とにかく「ドラクエ飲み」が最強です。具体的なやり方を解説します。

ドラクエ飲み実践編

出張や旅行、引っ越しなどで、新しい街についたらまず、
気軽に入れるお店を見つけます。一軒目は立ち飲み屋をおすすめします。
注文して一息ついたら、店主に

「私は、次どこの店に行ったら良いでしょうか?」と聞きましょう。

こうすると店主はたいてい
「えーと、、行きたい店って何系なんでしょうか?」
なんて感じで、若干困り気味で聞き返してきます。

「店主が仕事終わりに良く行くような店、教えてください」
といいます。そうすると、店主は

「それじゃあ、和食の◯◯か、イタリアンの△△なら、いいですね」
と教えてくれます。和食の◯◯は良さそうだな、なんて思ったら、店主に挨拶して店を出ます。
ここで、教えてくれた店員の名前は覚えておきましょう。

一軒目は情報を聞き出すために入るので、、ここは早めに出ます。
自分は1,000円ぐらいで出てこられる、立ち飲み屋が、お店にも迷惑にならないのでオススメです。

続いて2件目。

教えてもらった、和食の◯◯についたら、まあ、ここでだいたいうまい店に当たります。
注文と給仕が落ち着いてきたら、「◯◯店の△△さんに、この店教えてもらったんですよ」と切り出します。

そうすると、「ああ、△△さんよくいらっしゃるんですよ」
なんて感じで、話が進みます。個人的にはこの、初めてじゃない感、共通の話題がある感覚が好きです。

これでドラクエ飲みのワンサイクルは完了です。

あとは、気が済むまで「私は、次どこの店に行ったら良いでしょうか?」をお店に繰り返せば、
どんどん自分に合ういい店を教えてもらえるようになります。

一日でそんなに飲み食いできねえよ!って思ったら、そこで終了。
日を改めてももちろん構いません。ゲームで言う「セーブ」ですね。

食べログに比べてなぜ良いか?というポイントはいくつもあるんですが箇条書きで書いておきます。

ドラクエ飲みのメリット

・プロが行く店は確実にうまく、値段が手頃(店主は高い店、まずい店には行かないし、紹介しない)
・いちげんであっても、丁寧に接してくれる(紹介してくれた店主の手前があるので)
・飲み歩く行動にストーリーがあって楽しい(見ず知らずのレビュアーの意見ではなく、話した人のつながり)

とにかく実践が一番。ドラクエ飲み、お試し下さい。

新宿オフィスでの営業を開始しました

手嶋屋はオフィスをこれまでの西早稲田から、新宿に移動しました。
今週から、新オフィスでの稼働をスタートしています。

住所や電話番号が変更になります。お客さま/パートナーのみなさまにはお手数をお掛けします。

新オフィスの情報は

株式会社手嶋屋 新宿オフィス
〒160-0023
東京都新宿区西新宿 7-19-21 厳島ビル4F
TEL:03-6908-9323
です。地図などの詳細はこちらを御覧ください。
http://www.tejimaya.com/about/

営業拠点の変更で、本社は創業地の板橋区舟渡で変更はありません。

新オフィスでは、執務室とは独立した会議室を作りました。
このスペースは「ピーネハウス新宿」という名前で、コミュニティ活動のために開放します。

いつまで「オフィス制指工業」を続けるのか?

タイトルの意味についてふれる前に、

社会で習った日本の工業の歴史を振り返りましょう。

日本の工業化の歴史は、家内制手工業から始まり、工場制機械工業までとなっています。

家内制手工業

問屋制家内工業

工場制手工業

工場制機械工業

上2つが”家内”制、自分の家で働きます。下2つが “工場”制、工場やオフィスに出勤して働きます。

歴史の教科書はここまでで終わりです。

現代の働き方を表現するとしたら、「オフィス制指工業」でしょう。

10年前はオフィスOA工業の時代

10年前は”オフィス制OA工業”と名づけましょう。業務用コピー/プリンター、FAX、ビジネスフォン、パソコンなどのOA機器は家には無いものです。それらを操作して仕事をするために、会社に出勤していました。

OA機器が高価なので、工場制〜と同じように、この時代ではまだ、オフィスに集まって働くという意味はありました。

現代はオフィス制指工業の時代

現代は”オフィス制指工業”の時代です。文章を書くのはノートパソコンに”指”、コミュニケーションはタブレットとスマホをこれまた”指”で操作します。いまや電子機器はパーソナルなものになり、一通り揃えても20万円かからなくなりました。

こうなるともはや出勤しなければならない理由はありません。それでもまだ、昔の惰性でオフィスに出勤して働いています。

「顔を向き合わせなければいいアイデアがでない」「すぐに返事をもらいたい」「目の届くところにいないと管理ができない」

という、どう頑張ったって動かしようがない工場という設備に比べれば、どうでもいい理由でみんな出勤しているのです。

未来の歴史では「オフィス制指工業」は無駄なダサい過渡期の歴史として記録されるでしょう。むしろ過渡期なので歴史にも残らないでしょうね。

次は家内制指工業の時代

この次の時代はどうなるんでしょうか? 必然性のなくなった出勤をやめ、もっと重要な家族の近く、”家”で働く、”家内制指工業”の時代に進みます。

工場制手工業〜オフィス制OA工業までは、共働き(出勤)をするために保育園の充実は必要です。ただ、果たして子供をおいて両親揃って出勤するというのがいいのか?この視点で考えると、現代のオフィス制指工業はなんとも不合理で、家内制指工業に進んだほうが豊かです。

矛盾を直して自分たちにフィットさせる

日本は、家族のあり方すら変えて働いてきました。

動かすべき工場のある場所まで通勤し、それじゃ子育てができないっていうので、専業主婦や保育園のシステムを導入してきました。で今の状況ができています。

労働力が足りないから共働きでがんばれ、だけどそのためのサポート制度は遅れているぞ、ということで特に女性に負担がかかっています。家内制指工業へのステージアップは、いくらかでも状況改善になるのではないかと思っています。事業家サイドでできることです。

今の日本は、復興のためにがんばり過ぎて矛盾が生じたところを、少しずつ自分たちにフィットした状態に戻す時代にいると思います。家内制指工業も、今よりは生活にフィットすると思います。

手嶋屋では、家内制指工業ステージに到達したスタッフがいます。女性エンジニアで子供二人、すごく仕事します。

同じ価値観で、新しい工業スタイルで働いてくれる仲間と一緒に仕事をしていきたいです。

 

日本のリーダーだったら、どんな言葉でみんなを導くか?

お世話になった編集者にお招きいただき、出版記念講演に出てきました。

詳細は、コミュニティ参謀日誌で書いています。

http://sanbou.pne.club/post/139477678131

リーダーシップを書かれた著者に、表題の質問

「自分が日本のリーダーだったら、どんな言葉でみんなを導くか?」

をしました。聞いてばかりじゃフェアで無いだろうと思い、自分でも回答を作成したので共有します。

この言葉はずっと考えているので、できは悪いですが、ひとまずVer.1ということで共有します。

「みんな、これ以上リッチになりたいかい?森と岩清水の中に住む恵まれた民として、この国の郷土、仲間、文化を愛し、未来の世代に永続できるように、少しずつダメなところを改善していこう。そして、この価値観を世界に共有していこう。」

です。

敗戦後何もなくなった日本を復活させたいと一心不乱に整備したのはわかるし、価値がありました。

水に沈めたボールを水中で手を離したら、水面過ぎても勢い良く空中にジャンプしているように、今の日本の物質主義は、必要もないのに勢いで過剰なレベルに飛んでいってしまっています。

今の日本の気分として、これ以上ゴテゴテとリッチになることに、魅力を感じてないんじゃないでしょうか。

清貧の思想やもったいない文化も、日本人がもともと持っている美徳です。

これ以上ゴテゴテリッチは、望んでいません。

そんななかで、みんなが次に何を目標にするか?というと、ひとことで言うと、

「作りすぎたコンクリートを森と土に還そう」

です。もし何のために生きていくか迷っているなら、この道、いかがでしょうか?

「コミュニティ参謀日誌」で主に書いています

コミュニティ参謀日誌というコミュニティリーダー向けのブログを書いています。

リーダーに役立つノウハウ、必要な心構え、励ましなど、書いていこうと思います。

世の中のみんながリーダーになる必要はありませんが、”リーダーシップ”はすべての人が持っていて価値のある能力だと思います。

リーダーシップを学ぶメディアとして、お楽しみください。

コミュニティ参謀日誌

OpenPNE�~�蓈���񋟃T�[�r�X�̂��m�点

  • ��K�̓z�X�e�B���O
  • �Z�p�T�|�[�g
  • �J�X�^�}�C�Y
  • OpenPNE Manager
  • ���q���܃T�|�[�g

ページの先頭に戻る